活動カレンダーはこちら

スタッフ紹介・清水あずさ

みんな犬好きでなくても、犬たちと触れ合って元気をもらい、それぞれ職場へ戻っていくのです。

名前

清水あずさ

担当

動物介在セラピスト

メッセージ

私は幼少期から、常に犬と暮らす環境で育ちました。犬がいない生活をしたことがなかった私は、20歳で独り暮らしをして初めてその存在を認識しました。

ヒトが楽しい時は嬉しそうに尻尾を振り、ヒトが悲しみを感じている時、落ち込んでいる時は横で寄り添ったりします。

言葉では説明できない感情の共有を、犬とヒトは無意識にしているのではないかと感じていました。

2019年の初夏、会社にセラピードッグが来てるよ!と同僚に教えてもらい、当協会を知りました。

毎月セラピードッグが来る日は、お昼ご飯を早く済ませて会いに行くという同僚、東京地区外からのスタッフが出席する会議は、その日に設定して、実はセラピードッグに会いに行くんです!とこっそり教えてくれた後輩。

みんな犬好きでなくても、犬たちと触れ合って元気をもらい、それぞれ職場へ戻っていくのです。

ちょうどその頃、自閉症の姪がラブラドールレトリバーに興味を示し、自分から近寄っていくことがありました。

初めて見るものには警戒し、時にパニックに陥る姪の自発的行動を見て、犬がもたらす不思議な力を再認識した事が、セラピー活動を行いたいと思うきっかけとなりました。

これまで高齢者ホーム、障害をお持ちの方の施設など訪問しました。

セラピードッグと触れ合うことで笑顔が見られると、こちらが嬉しい気持ちになります。

これからも、心がふっと緩むような、穏やかな時間をセラピー犬と過ごして頂けるように活動したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる