動物介在教育(Animal Assisted Education)の分野では「子どものこころと身体を育む」ことを目的としています。子どもたちは毎日新しい何かを体験したり、人と関わりながら成長していきます。

動物とふれあうことで、命のぬくもりや大切さ、自分はかけがえのない存在だと気づき、自分も他人も大切にできるように育ってほしいと思います。

子どもたちが大人になった時、先生やご家族からかけられた愛情のある言葉を思い出すように、セラピードッグとのふれあいを思い出し、生きていく力になってくれたら、と願います。

また、教育に携わる先生、指導員、保護者の方々のこころのサポートも大切であると考えています。

訪問先:

保育所、幼稚園、小中高校、大学、特別支援学校、学童、発達支援デイサービス、児童養護施設など